株式会社 ふくしごと

障害のある人たちと社会との心地よい循環をつくる

九州内に、障害のある人たちの日中活動を支援する福祉事業所は約2,900、就労を支援する福祉事業所は約2,500あるとされ、そのほとんどが、食品や生活用品、雑貨などを制作・販売しています。

その一方で、少子高齢化に伴い社会保障費が増大している状況の中、障害のある人たちへの「自立」が促されています。もっとも自立を支えるには、福祉事業所がより多くの収入をあげることをはじめ、福祉と社会の関わり方がより多様になる必要があるでしょう。

そうした想いから、障害のある人たちと社会とのズレやギャップを滑らかにし、両者のあいだに心地よい循環をつくることを目的に、株式会社ふくしごとは設立されました。

株式会社 ふくしごとは、ふくしと社会を出会い直すのが使命です

現在、GALO 「音楽の肖像」 を現在準備中です。ぜひ、ご覧ください。

事業内容

  • 「流通する」

    障害者の絵の
    使用権販売業務

    障害者が日々描いているイラスト・絵画のデータのレンタル・販売を行います。企業ツールやグッズなどのデザインにご使用できます。

  • 「アートする」

    障害者のアートを
    使用したデザイン業務

    障害者の描くイラストを使用した広告物、企業ツールや商品パンフレットを制作します。またビル壁面など大型のライヴペインティングも可能です。

  • 「イベントする」

    障害者が関わる
    イベントの企画・運営

    商業施設等の集客イベント・プロモーションを行います。また、企業と障害者をむすぶ、持続的なプロジェクトも実施します。

  • 「学ぶ」

    障害者施設をつかった
    企業の人材育成業務

    ダイバーシティ(多様性)が求められる今、福祉施設を活用したプログラムで、企業の人材育成をおこないます。企業に出向き講演等も行います。

  • 「コンサルする」

    障害者施設の
    調査・コンサル業務

    障害者施設・障害者の実態調査を行います。障害者施設の運営コンサルティングから商品販売計画や経営計画など、施設の改善に取組みます。

  • 「育てる」

    障害者施設での
    人材育成業務

    障害者施設職員の人材育成研修を実施します。施設職員のモチベーション、リーダーシップやスキル向上、企画力向上に貢献します。

  • 「設計する」

    障害者施設の
    設計デザイン

    障害者施設が、地域に開かれた施設になる様、施設・地域と連携した障害者障害者施設の新築・改修のための設計デザインをおこないます。

  • 「UBデザイン」

    障害者が使う
    商品開発業務

    障害特性を活用し、障害者が使う商品、空間など企画提案します。補助具やバリアフリーのテスト実施、マーケティングの手段としてご活用ください。

  • 「効率化する」

    障害者施設の
    システム開発業務

    報告書作成等の煩雑な業務を改善します。施設運営の効率化を図る管理・作業システムの開発し、日常の業務に時間が割けるように提案します。

  • 株式会社ふくしごと

    ( map )

    「株式会社ふくしごと」では、障害のある人たちと社会、企業の方々との出会いにより、新しい価値を生み出す様々なサポートを行います。障害者施設や障害者とのプロジェクトを考えている企業、団体、行政からのお問い合わせお待ちしています。

    1. お問い合わせ
    2. 092-403-0091
    3. 092-403-0087
    FBで"ふくしごと"更新中です。
    ぜひ、ご覧ください。

メディア掲載

会社概要

会社名

株式会社 ふくしごと

役員

  • 橋爪大輔(代表取締役社長)
  • 樋口龍二(取締役副社長)
  • 先崎哲進(取締役/クリエイティブディレクター)
  • 焼山慈康(取締役/UXマネージャー)
  • 山内泰(取締役/コミュニケーションディレクター)

設立

2015年2月12日

資本金

3,700,000円

取引銀行

西日本シティ銀行 千代町支店

住所

〒812-0044 福岡県福岡市博多区千代1-20-14 ( GoogleMap )

TEL

092-403-0091

FAX

092-403-0087